ロシアと交流しよう!

日ロ文化交流センター

Центр культурных связей

между Японией и Россией
The Center of Cultural Exchange
 between JAPAN and RUSSIA

(理事長 平岡 幸雄のホーム・ページ)

По-Русски

English



矢澤一彦ピアノ・リサイタル「ブラームスとムソルグスキー」

ロシアの家庭の誕生祝いのケーキが日本のテレビに

ロシアの祖国防衛記念日の祝賀パーテー

春の皇居参観に来日―ウラジオストクからのロ日協会のお客様

2018年もロシア文化フェスチヴァルin JAPANプレトニョフ指揮歌劇「イオランタ」

2017年ロシア文化フェスチヴァルin JAPAN閉じる「白鳥の湖」で

9月のオーケストラ・ナジェジダ、9月15日(土)ミャスコフスキー、カヤヌス、ヌールマンの傑作

ウクライナ・キエフから二人のバレリーナ

ロシアン・ピアニズムを究める三人の若いピアニスト、ユーリ・イリンさんに入門

モスクワ便り・留学生と現地ロシア人会員の生活

新刊図書案内・”ウラジオストク日本人居留民の歴史”ゾーヤ・モルグン著

ヴァレンチナ・パンチェンコさんが名誉会員に

幕末、プチャーチン提督らと戸田村民の交流の史実を描くビデオロシア語版ボログダとサンクト・ペテルブルグで上映

センターがスタジロフカで派遣したソプラノ歌手モスクワ音楽院大学院へ進学

蘇る歴史的演奏ー松浦豊明のコンクール演奏とコルパコーヴァのバレエ舞台

最近の文通希望者紹介

ロシア各地から日本へのお便り”日本の皆さんと文通したい”文通申し込み新着あり続々
                                                                                                モスクワの街頭に現れた”日本を助けよう”の巨大な看板 写真:ロ日協会(モスクワ)提供
ロシア国立放送アーカイブ秘蔵の音楽演奏DVD
よみがえる歴史的名演奏アンドレ・クリュイタンス モスクワ公演
モスクワ音楽院大ホールでの演奏会の歴史的ライブ ムラビンスキー指揮レニングラード交響楽団
初出映像で観るクライバーン伝説のモスクワ・ライヴ」
エフゲーニ・スヴェトラーノフ指揮チャイコフスキーの交響曲
本邦未公開スヴェトラーノフ指揮の演奏映像と音響 フリエルらロシアピアニズム黄金時代の巨匠の演奏DVD> h4>

春になってモスクワのロ日協会からまた文通を求める新しい友達を紹介してきました

特報・ボルガ河畔のトリアッチ市から日本語での文通を求めてきました

ロシアのお友達が文通相手を求めています

ロシアとの文通紹介のページ、その1
新しいロシアのお友達を紹介するページ、その2
新しいロシアのお友達を紹介するページ、その3
新しいロシアのお友達を紹介するページ、その4
新しいロシアのお友達を紹介するページ、その5
ロ日協会からご紹介のあった最新のロシアのお友達を紹介するページ、その6ロシア以外の国に住むロシア人からも文通希望が来ています。イスラエル・ウズベキスタン・ウクライナ・カザフスタン・アルメニア、そしてロシアのノボシビルスク・エカテリンブルグ・など

横浜駅前でロシア語の学習、従来火曜日夜が月曜日夜に変更

ロシアの大学への留学

モスクワ音楽院短期レッスン

日ロ文化交流センターについて

ロシア関係主要リンク集


日頃の当NPOへの皆さまのご支援に感謝申し上げます。当法人へのご寄付などのご支援は当法人へ直接ご連絡の上ご納入くださいますようお願い申し上げます。理事長


リサイタルのお知らせ

ロシア音楽に精進する矢澤一彦がピアノ・リサイタル

7月8日〈日〉「ブラームスとムソルグスキー」オペラシテイで

 
  時期:2018年7月8日〈日〉 14:00から(開場:13:30)
会場:東京オペラシテイ・リサイタルホール(新宿から京王新線で「初台」駅下車)
曲目:J.S.バッハ:「平均率クラヴィア曲集第2巻よりBWV877」  
   ブラームス:「ピアノ・ソナタ第1番は長調」作品1
   ショスタコーヴィチ:「24の前奏曲とフーガ」作品87より第4番ホ短調 
   ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」 
座席と入場料:全席自由席 一般¥3000   学生¥2000
連絡先:アーバンクラシック 042-371-1554
    東京オペラシテイチケットセンター  03-5353-9999


お知らせ

ロシア人の誕生日のホーム・パーテーがNHK・Eテレビに登場

「グレーテルのかまど」(月曜日午後10時から放送)で日本在住のロシア人家庭のパーテーの模様を放映

ロシアのスイーツ「プラーガ」(ザッハ・トルテのようなチョコレート菓子)を紹介(放送予定5月7日夜)

     NHKテレビに「グレーテルのかまど」という人気番組があり世界各国のスイーツが紹介されていることを多くの方々がご存知ですが、このたび、その番組スタッフから日ロ文化交流センターに
  ロシアの誕生日のケーキを取り上げるので、在日ロシア人の家庭を紹介するよう依頼がありました。
  理事長が事前取材したところ、①ロシアでは誕生祝いのケーキとしては、オーストリアで有名な「ザッハトルテ」に似た「プラーガ」というチェコの首都の名前のついたチョコレートケーキを
食べるのが伝統であること。②でも最近は西欧風のケーキを食べる家庭もあることを確認しました。
  当センター理事長が各方面に手配して番組制作のためのロケにご協力いただけるご家庭をお願いしてまわりましたところ、在日ロシア大使館のサープリン参事官さまのご紹介の民間人で日本
企業の会社員であるロシアの方のご家庭でご協力をいただけることとなりました。早速スタッフがお願いにあがり3月中旬の土曜日横浜市内の家庭でロケが行われました。ロケは成功裡に終わり
スタッフのお話によれば5月に放映されるそうです。
このような生活風景をテーマとする番組はほほえましくもあり、日ロ両国民の相互理解にも寄与するので情報提供しご紹介します。

ご報告

ロシアの祖国防衛記念日の祝賀パーテー

  ロシアの祖国防衛の日の記念祝賀パーテーが今年も2月21日夜東京の在日ロシア連邦大使館の大広間で行われました。この祝賀会には在京のアメリカや中国はじめ各国大使館の駐在武官や
日本の防衛関係者や日ロ関係者が出席しました。この記念日は本来2月23日ですが、東京では21日にお祝いが行われました。
  会場では2箇所の大型パネルテレビでモスクワでの祝典の模様を映写しテーブルにはさまざまのロシア料理が並びました。
 この日の由来は次の通りです。
 1918年第一次大戦の末期3月3日にロシアの革命政権とドイツとの間でブレスト・リトウフスク条約が結ばれ終戦となりましたがその直前ドイツ軍は革命直後の国内戦争を戦っていた
ロシアに侵攻してきました。帝政の軍隊を解体していたロシアの革命政権は国内戦争の最中でしたが急遽銃を持つ労働者と農民を組織して赤軍を結成し国を守り抜きました。
 その赤軍を組織した日の2月23日を今日でもロシアでは祝っているのです。 今年も当センターへ大使館からご招待がありましたので理事長が出席しました。

ご報告

春の皇居参観に来日―ウラジオストクからのロ日協会のお客様

 毎年春に来日するウラジオストクのロシア日本協会の会員の皆さんは強いご希望によって今年4月10日と25日に東京で木々の花が咲く皇居の内苑を参観しました。
 日ロ文化交流センターは宮内庁に参観申請し10日には17名、25日には14名のお客様をご案内しました。


ウクライナ・キエフから二人のバレリーナ

武蔵野市の岡本るみ子先生のバレエ・スタジオでレッスン指導交流

  キエフ市アカデミー・オペラ・バレエ劇場からのバレリーナ、マルガリータさんとユリヤさんがそれぞれ交代で
武蔵野市の岡本バレエスタジオに来て指導者の岡本先生とバレエ・レッスン指導の交流をしています。
  岡本バレエ・スタジオが主催して毎年春に行われる障がい者との共生、交流を目指す「アンリミテッドチャリテイ
ーコンサート」は今年3月31日に第19回が行われましたが今年は練習の指導にユリヤ先生がマルガリータ先生が
練習と本番の指導にあたりました。
  またマルガリータ先生は当センター名誉会員のピアニスト ユーリ・イリンさんのピアノ演奏のチャイコフスキー
作曲「四季」に合わせて自ら振り付けして踊りました。
 日ロ文化交流センターはこれらバレエの先生方の入国にあたっての諸手続きをさせていただいております。


障がい者との共生、交流を目指す「アンリミテッドチャリテイーコンサート」は3月31日武蔵野市民文化会館で開かれました。


2018年もロシア文化フェスチヴァルin JAPAN

ミハイル・プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団公演でオープン

2018年オープニングを飾る公演

チャイコフスキーの名作オペラ「イオランタ」演奏会形式

時期:2018年6月12日(火) 18:30から(開場17:30) 会場:サントリーホール 主な出演者:アナスタシア・モスクヴィナ(ソプラノ)ナジミディン・マヴリャーノフ(テノール)       平野 和(バス・バリトン)      大西 宇宙(バリトン)       ヴィタリ・ユシュマノフ(バリトン)  木嶋真優 (ヴァイオリン) 指揮:ミハイル・プレトニョフ         管弦楽:ロシア・ナショナル管弦楽団 合唱:新国立劇場合唱団

      

オーケストラ“ナジェジダ”9月の演奏会

ミャスコフスキー、カヤヌス、ヌールマンの傑作

日時:2018年9月15日 (土) 13:30から (開場:13:00) 会場:タワーホール船堀 【チケット】¥1,000(全席自由席) 

演奏曲目:

♪ カヤヌス:狂詩曲第1番 作品5 Robert Kajanus: Rhapsody No.1, Op.5 ♪ ヌールマン:交響曲第3番 ニ短調 作品58 Ludvig Norman: Symphony No.3 in D-minor, Op.58 ♪ ミャスコフスキー:交響曲第1番 ハ短調 作品3 Nikolay Myaskovsky: Symphony No. 1 in C minor, Op. 3 指揮:渡辺 新 オーケストラ・ナデージダ ※ 都合により曲目、出演者が変更になる場合がありますがご了承ください。 後援:NPO日ロ文化交流センター 
     

ロシアン・ピアニズムを究める三人の若いピアニスト、ユーリ・イリンさんに入門

  ロシア奏法(ロシアン・ピアニズム)を志す三人の若いピアニストが日ロ文化交流センターへお便りを寄せてきました。その言葉ーーー。
 「私たち『TRI-MELODIYA(トリ メロディヤ)』は、ロシア奏法ネイガウス流派の流れを汲む、三人のピアニストによる演奏家グループです。
ロシア奏法が生み出す繊細な響き、色彩あふれる音色に魅了され日々研鑽を積んでおります。日本ではあまり馴染みのないロシア奏法ですが、
響きの美しい洗練されたテクニックです。この奏法を広めて、より自由にピアノを表現する喜びを皆様と共有できたらと思っております。」
 このピアニストたちは桐朋学園音大ピアノ専攻科卒、同研究科修了の菅原達郎さんをはじめとして、比嘉洸太さん、三橋恵莉子さんで、
現在『TRI-MELODIYA(トリ メロディヤ)』というグループを結成しております。いずれもロシアン・ピアニズムで高名な大野眞嗣先生に師事
しております。
 横浜のユーリさん宅でお会いした日ロ文化交流センターの名誉会員のユーリ・イリンさんを当センター理事長がオーケストラではオーボエ
奏者でありますが、モスクワ音楽院ではヤコブ・フリエール先生に師事したピアノ奏者でもあることを三人に紹介したところ、ぜひユーリさん
にも指導を仰ぎたいとの希望の表明がありましたので、今後ユーリさんからも指導を受けることとなりました。 
 若きヴィルトゥオーゾたちのますますの精進が期待されます。

モスクワ便り・留学生とロシア人現地会員の生活

1.昨年モスクワ音楽院の大学院へ進学したソプラノ歌手岡田知果さんから     私は恙無くすごしております。  歌の先生は、スタジョールのときから変わらず、エレーナ・オコーリシェバ先生のもとで勉強しています。彼女は今年も日本に行き、飯森 範親さんと公演をしました。レパートリーは、私がコロラトゥーラ・ソプラノなので、声に合ったものをやっています。ものすごくたくさん あるので、1つ1つは書きませんが…ロシアもの以外もかなり見ています。  練習曲といえば、こちらではЗейдлерやМерзоеваのヴォカリーズがどのクラスでもよく歌われています。  生活は物価も電車賃も、少しずつ以前より上がっていますが、いまのところ大丈夫です。不便といえば、自分のロシア語がつたないことく らいでしょうか。言葉の壁や進路のことで悩みはつきませんが、充実しています。                                        岡田知果 (モスクワ音楽院の大学院への留学生) 2.モスクワでいつも我々の活動をサポートして下さっている現地会員ナタリアさんから   親愛なる平岡さん。返事が大変おそくてすみません。すばらしい写真をもらってありがとうございました。   残念なことには今年の夏 日本へ行きません。行きたいですけれども、ちょっと。私にとって少し高いですね。   市民生活は あまりよくないです。給料が低くて、値段が高いです。それに仕事を見つけにくいです。   私も今の仕事が不満で、給料が低いですから。食料品は大丈夫ですが、値段が高いです。チーズ、ハムなどなんでもあります。   ロシア製も外国製もあります。私は肉 (魚、鳥肉だけ)を食べませんから、私にとってそれは問題ではありません。     一ヶ月に 1,2回 修道院へ行くようにします。   今日 夜だけ授業があって、今うちにいます。   ご家族のみなさんによろしくお伝えください。   元気でお過ごしください。   それでは。                     ナタリア  (日ロ文化交流センターモスクワ現地会員)

新刊図書案内”ゾーヤ・モルグン著ウラジオストク日本人居留民の歴史”

当時の資料・写真・関係者の証言に基づくロシア極東の地に刻まれたもう一つの日本近代史

日本語堪能な著者はロシア極東と日本人との交流史の研究者・訳者は元大阪大の藤本和貴夫教授・東京堂出版

ロシア極東地域との交流に従事している日本の方々の間で有名なゾーヤ・モルグン先生が ロシア極東地域で活躍した日本人の歴史,すなわちもう一つの日本近現代史をまとめた書籍を出版しました。 ゾーヤ先生は今でもウラジオストクのルースキー島にある極東連邦大学で教鞭をとっておられます。 今年の5月日ロ文化交流センターの訪問団がウラジオストクを訪問した際にもこの書籍に記載されて いる日本人の生活の跡をご案内くださいました。 この書籍は次の三部からなっています。 第一部ウラジオストクへの最初の日本人の出現から日露戦争の終結まで  第二部ポーツマス条約から日本の軍事干渉終了まで(1905~1922年までのウラジオストク 日本人居留民  第三部日ソ外交関係の樹立前後から1937年の全日本人引き揚げまでのウラジオストク日本人 社会 各部とも一次資料をよく調べて具体的詳細に当時のウラジオストクの日本人社会の動向が生き々と 描かれています。 著者によるとウラジオストクに日本人に関する情報が現れるのは1862年であると述べられてい ますが当初は長崎出身の商人や職人、零細事業主であったということです。その後1870年代後半 には多数の日本人が定住して領事事務を行う日本貿易事務館が開設されました。年々日本人の数は増加 し小学校が建設され西本願寺が進出するなどウラジオストクに一つの日本人社会が形成され 総計2996人が定住した1902年には洗濯婦264人、商人233人、大工230人、写真家32人 などあらゆる職種の人々が定住していました。 この時の統計の中で注目すべきは娼家従業者458人とあるいわゆる「からゆきさん」の存在です。 長崎周辺の村々から貧しさゆえに海外へと身売りされた娘たちが娼婦としてウラジオストクの日本人 社会で悲惨な生活を送っていたことを著者は同じ女性としての思いを込めて仔細に記述しています。 このような正史に表れない記述も注目されます。  1917年の十月革命、それに引き続く国内戦争の時代に日本人社会は大きな影響を受けます。  当時の大日本帝国は列強とともに干渉戦争に乗り出しました。日本軍はウラジオストクに司令部を 設置し、あたかも占領軍のような横暴な振る舞いをしていました。当然干渉軍の蛮行に対して憤慨す る地元市民の層が増大していきました。日本干渉軍の行動は著者の家族にも及び著者の夫君の父親が 日本軍に殺害されたことも記載されています。 我が国にとって飛行機のない時代ウラジオストクはヨーロッパひいては世界への出入り口であり 我が国の文化の向上に貢献したウラジオストクではありましたが、明治以後の日本は発展の陰で、 ここでも日本国内人民だけでなく他の諸国民に抑圧と犠牲を強いてきたことを我々は忘れることが 出来ません。 と同時に本書はそこに定住して日本人社会を築き上げた我々の先達の存在を理解で きる好著です。

版元:株式会社 東京堂出版 定価:本体3800円+税


ヴァレンチナ・パンチェンコさん名誉会員に・総会で推挙決定

 今日まで各地のコンサート出演にご協力いただいたメゾ・ソプラノ歌手 ヴァレンチナ・パンチェンコさんに名誉会員 に就任していただくこととなりました。これからも日本での,ますますのご活躍をお願いすることとなっております。

今も続くロシア人との友好の絆ー静岡県沼津市戸田

幕末、プチャーチン提督らと戸田村民の交流の史実を描いたDVDビデオロシア語版完成

「地震と津波を乗り越えた友好の絆 沼津市戸田 プチャーチン・ロード」と
毎年行われているロシア水兵のための慰霊祭の模様を描く「今も続くロシア人との友好」
の2編のビデオ(DVD)のロシア語版が完成しました。
 制作者は「ロシアの人々に見ていただいて、両国民の絆が長い歴史を経たものであることを理解していただくつもりです。」と言っています

 制作は当センター戸田駐在代表の山口展徳が主宰する「戸田号プロジェクト実行委員会」
 翻訳は日ロ文化交流センター理事長 平岡 幸雄
 監修は元東京外語大講師の原・タマーラ先生です。

戸田に来ていたモジャイスキーの故郷ロシア・ボログダに届いたこのビデオ

かねてから当センター理事長夫妻と知遇のあるモジャイスキーの故郷のボログダ少年少女合唱団の音楽家を通じて 戸田作成のDVDをモジャイスキー博物館へ届けるよう依頼しておりましたが、9月11日無事同博物館に届けられました。  博物館の担当者も大変興味を持って鑑賞したということです。写真では博物館にDVDを届けに来た、その音楽家ラリサ さんがモジャイスキーの肖像画の前でDVDを持っています。別の写真は館内の写真です。戸田から持ち帰った甲冑や日本 の代官の肖像画が見えます。 博物館では来訪した参観者にこのDVDを供覧に付すということです。  サンクト・ペテルブルグでも「日本の秋」の催しでこのビデオが上映され戸田村へ来たことのある画家ナタリア・マクシモヴァさんが 解説に当たりました。

ご報告

既報の日本の新進ソプラノ歌手岡田知果さんモスクワ音楽院の大学院に進学

  昨年の秋、すでにその春、日本の音大を卒業した女性歌手岡田知果さんが日ロ文化交流センターを通じてモスクワ音楽院にスタジロ フカでの入学していましたが、この6月‏スタジロフカの期限に来た時担当教授の勧告で大学院入学の試験を受けたところ合格し、もう 5年間モスクワに滞在して修行を続けることになりました。立派なソプラノ歌手として世界に羽ばたくことを期待しております。  

センターの動き・ニュース

佐藤利郎常務理事が退任して新たに倉石千恵子理事が就任しました

日ロ文化交流センターの2015年度総会が開かれ、2014年度の事業報告、収支報告、 2015年度事業計画、同予算が審議され満場一致で原案通り採択されました。その際、長年 に亘り病気療養中であった佐藤利郎理事が退任し倉石千恵子理事が就任しました。

CDとDVD

蘇る歴史的演奏のCDとDVD

松浦豊明氏の第1回チャイコフスキーコンクール入選時の録音

イリーナ・コルパコーヴァが踊るレ・シルフィードの舞台映像

白のバレエを踊ろう!

コルパコーワと『レ・シルフィード』を踊る 柴崎 政夫著 文園社発行

   1983年に当時レニングラードといわれた現在のサンクト・ペテルブルグの  キーロフ劇場(現在のマリンスキイ劇場)で上演された当時のプリマ、イリ  ーナ・コルパコヴァが演じる『レ・シルフィード』の全曲の舞台映像のDV  Dが添付されたバレエ教本が出版されました。  柴崎 政夫著 文園社 発行 価格3800円+税  著者の言葉  「この本には、1曲ごとの詳しい振付が解説してあります。1ページごとに  記載された内容はすべてが小レッスンと同じ構成。読み進めながら、徐々に  踊りを積み上げられたなら、あなたはこの作品のすべてを理解できるはず。   厳格なダンス・クラシックのメソッドに基づく振付の動きは呼吸とともに  飛翔し解き放たれ、肉体の限界を超えた感性の世界に深く入り込むとともに、  永遠の美と詩的インスピレーションを呼び起こしてくれるのです。」   バレリーナを目指す方々にとって必見の書です。日ロ文化交流センターは  著者がこの企画に着手以来、モスクワのロシア文化省付属国立ラジオ・テレ  ビアーカイブに照会してロシアのテレビで放映されたこの作品を検索し著者  の要望にしたがって同アーカイブからの入手につとめました。

 この書籍の申し込み先 発行元:文園社 03-3816-1705     または著者:0494-24-8060 (携帯080-5387-8060)

56年前世界が驚嘆!日本のピアニスト大舞台で入賞

松浦豊明氏第1回チャイコフスキーコンクールで入賞

コンクールの予選、本選すべての演奏記録が蘇る

松浦豊明の世界 Ⅳ(CD4枚)
「第1回 チャイコフスキー国際コンクール ‘58」
(2013年文化庁芸術祭参加作品)がリリースされました。

  2010年松浦先生の事務所から1958年に行われた第1回チャイコフスキーコンクールの放送録音が
ロシアに保存されていないかとの問い合わせが日ロ文化交流センターにありました。早速、日ごろ提携して
いるロシア文化省付属国立ラジオテレビアーカイブ(ゴステレラジオフォンド)に照会し検索してもらった
ところ日本代表として参加した松浦先生が第1次予選、第2次予選と勝ち進み本選でキリル・コンドラシン
指揮のモスクワフィルハーモニーと共演したシューマンとチャイコフスキーのピアノ協奏曲までのすべての
録音が保存されていることが分かりました。2011年春にマスターテープから転写した試聴用CDが到着
しました。当時病床にあった松浦先生はそれをお聴きになり長女の千恵子さまによると「本人は手で拍子を
とりながら、一つ一つの音や曲想の変化に集中している様子で評価していました。」とのことです。この録音をお聴きになった後松浦先生は8月に逝去されました。
ご逝去後松浦豊明先生のご遺族や先生を慕う音楽家の間からこの録音を頒布する計画が持ち上がったとのことで再度日ロ文化交流センターはその要請を受けてモス
クワの国立アーカイブに市販用の録音素材の送付を要請しこのたびのリリースに至りました。                                  (日ロ文化交流センター理事長)
CDの内訳:4部(4枚)からなりそれぞれ
第1部	第1次予選 バッハ「前奏曲とフーガ」、モーツアルト「ソナタ14番」その他ショパン、リスト、スクリャービン、ラフマニノフの練習曲などを収録
第2部	第2次予選 ショスタコーヴィチ「前奏曲とフーガ」、チャイコフスキー「ピアノソナタ嬰ハ短調」、シューマン「幻想曲ハ短調」、
中田喜直「ソナタ」より第1楽章、バラキレフ「イスメライ」など
第3部	本選 シューマン「ピアノ協奏曲、カバレフスキー「ロンドイ短調」、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」
                                   (以上収録はモスクワ音楽院大ホールのライブ)
第4部	コンクール入賞後収録された特典CD(モスクワスタジオ録音)曲目は予選、本選で演奏した曲目の他ベートーヴェン「ソナタ第31番」など  
 このCDには松浦先生の書いたチャイコフスキーコンクールへ参加したときの手記が添付されています。

価格:¥5,000     企画・制作:Office Matsuura 連絡先:小笠原吉秀 042-345-3301     ogasawara@jcom.home.ne.jp


新刊紹介

世界のバレエ・ダンサーを紹介する新しい本が出ました。

「二十世紀の10大バレエダンサー」村山久美子著 東京堂出版

 

「バレエの世紀」を彩る天才バレエダンサー達の輝かしい軌跡と名舞台が鮮やかに蘇る!

  著者は本書のねらいについて序文にあたる「はじめに」で「二十世紀の際立つダンサーについて、その舞台だけではなく、
過ごした場所や時代の芸術的環境、社会的状況などをあわせて語ることによって、彼らの芸術の深みに迫る試みである。」
と述べています。
  本書ではウリヤーナ・ロバートキナ、ウラジーミル・マラーホフ、シルヴイ・ギエム、ファルーフ・ルジマートフ、ミハ
イル・バリシニコフ、ジョルジュ・ドン、ルドルフ・ヌレエフ、マイヤ・プリセツカヤ、ガリーナ・ウラノワそしてワツラ
フ・ニジンスキーの十人を挙げています。さらに海外でも高く評価された日本のダンサー、森下洋子、吉田都、熊川哲也に
ついても紹介しています。
  いずれのダンサーも歴史的にわが国のバレエ愛好者にもお馴染みで、また本邦での公演に際して舞台で読者が直接その至
芸に接することの出来たダンサーもいてその定まった評価からも著者の選択は至当のものと思われます。著者は序文で「ま
ず第一に、自身の目、長年毎日のように舞台を観、公演評や舞台評論を書いてきた自分の目を通して選択したダンサーにつ
いて書くことが、読者にとっても一番よい内容の本になると考えた」。「筆者が生まれる前に活躍したダンサーや、年齢が
高くなってからの舞台しか観ていないダンサーについては、名演が伝えられ、かつ、世界のバレエ界への影響力が大きかっ
たダンサーを選び、映像や書籍の資料で、その力を確認しながら執筆を進めていった」。と述べています。
  本書に掲げられた十人の顔ぶれを見るとアルゼンチンのジョルジュ・ドン、パリ生まれのシルヴィ・ギエムを除いた8人
はすべてロシアをはじめとする旧ソ連邦出身のダンサーであることに気づきます。しかしながらドンも亡命ロシア人を両親
とし、ギエムはパリ、オペラ座でヌレエフによってエトワールに任命されています。イタリア、フランスに遅れてバレエを
取り入れたロシアで20世紀前半アグリッピナ・ワガノワによって確立されたいわゆる“ワガノワ・メソード”がロシアば
かりでなく世界のバレエ界の今日をもたらしたことを本書の十大バレエダンサーの足跡を通してしのぶ事が出来ます。
(定価:2500円+税)

日ロ文化交流センターからの主なお知らせ

ロシア語研究会初心者向け発足

ナタリア講師に加えてユーリ・イリン講師=横浜駅前で

 横浜駅前のかながわ県民センターで従来から続けてきたナタリア富樫先生のロシア語講座は受講者のレベル
があがって今までの受講者は中級相当の到達度に達してきました。これはこのまま中級として続けます。
 中級はいまのところ講師の都合により暫定的に講師の自宅近くの会場(東京)で行っています。

 一方、新たにロシア語を学びたいと願う方々からのご要望がありましたので入門・初心者の研究会を設け
ました。入門・初心者のための講師は音楽家のユーリ・イリン先生が担当し皆様のお相手をします。
 場所は従来と同じ横浜駅前のかながわ県民センターです。入門・初級者のクラスは18時開始です。
 初級の方も熟達して中級に進んだときは従来からある中級のレッスンに進みます。

  参加お申し込みはーーー
  連絡先:日ロ文化交流センター 常務理事 イリン・千穂・落合  電話 携帯090-8083-8261
                                メール:nichiro_roshiago@yahoo.co.jp
          今までの担当の佐藤利郎常務理事が病気療養中のため今後は落合理事が担当します。     

横浜駅前でロシア語の学習・・毎週金曜日年間通して初級と中級コースを開設


時期:毎週金曜日午後6時00分から8時50分まで2コースをやります。
場所:神奈川県民センター(横浜駅前西口、よどばしカメラとなり)
講師:富樫ナタリア(モスクワ生まれ、当センター理事)
学習コース:初級6時00分から7時20分までコース  中級7時30分から8時50分までのコース テキスト:ロシアで出版されたテキストをセンターが用意します。実費1000円 連絡先:
日ロ文化交流センターロシア語講座nichiro_roshiago@yahoo.co.jp 

ロシアの人たちが文通相手を求めています。

モスクワのロ日協会(ロシア・日本協会)では日本をより一層理解したい と思うロシアの人たちと日本の皆さんとの文通の仲介をしています。日ロ文化交流センター ではお申し出頂いた方をロ日協会にご紹介します。 上欄ではロシアから文通希望をお申し出で頂いた方の名簿を掲載しておりますが、ここに 記載してある方以外に対してもロ日協会から全ロシアに皆さんを紹介して頂きます。 使用言語は、日本語、ロシア語、英語のいずれかです。 お申し込みの際には 1)お使いになる言語 日本語、英語、ロシア語のいずれであるか 2)趣味または専門分野 3)住所、氏名、年齢、性別、職業を記入してE-mail又はファックス で、日ロ文化交流センターにご連絡下さい。
ロシアのペンパルズ

日ロ文化交流センターについて

  このセンターはNPO法によって設立された日本とロシアの間で
文化学術の交流を非営利で進める民間のボランテイアの組織です。

主な交流事業は次のとおりです。


  • ロシア並びに旧ソ連邦加盟諸国からの交流団の受け入れ
  • 日本からロシアへの視察団、交流団の派遣
  • 留学生、研究者及び芸術家の交換
  • 講演会、演奏会の開催
  • ロシアならびに旧ソ連邦加盟諸国の資料の調査、調査結 果の公表、広報紙の発行
  • その他、両国の科学、産業、文化の発展に寄与する事業
    
     この組織は日本ロシア協会神奈川県央支部を母体に、
    その会員有志でNPO法に基づく特定非営利活動法人
    として組織し国の認証を受けました。
     海外で提携する組織は、   ロシア日本協会   ロシア連邦政府付属国際学術文化協力センター   ロシア文化基金 沿海地方支部   ロシア平和基金   留学生受け入れ機関 「インコルブーズ」   などです。

    今、皆さんにご提案する主な事業と報告

    ロシアの大学への留学
    モスクワ音楽院短期レッスン
    ロシア語の学習
    交流計画
    掲示板
    モスクワのロ日協会からのお知らせ

    ロシア関係主要リンク集

    在日ロシア連邦大使館 在モスクワ日本大使館 ロシア連邦政府

    ロ日協会(モスクワ)
    日ロ交流ネットワーク

    ロシア・CIS諸国専門旅行会社(株)ロシア・トラベル・ビューロー
    ロシアの新聞「独立新聞」(ニザビシマヤ・ガゼータ) ロシア国内ニュース検索 Russia Today News ロシア美術館・博物館・旅行案内(英語版)
    サンクト・ペテルブルグ、エルミタージュ美術館 モスクワ音楽院 チェルノブイリ子ども基金 アエロフロート国際航空日本支店
    ウクライナPHOTO COLLECTION ロシアのクラシック音楽のアーカイプ販売 ロシアバレエ情報 ロシア航空宇宙情報誌 AEROSPACEcourier 日ロ交流協会 北海道大学スラブ研究センター ロシア東欧貿易会 ロシアの素敵な仲間たち=アムールアート 「ロシアンぴろしき」(留学生からロシアの便り) 外務省海外安全相談センター(ロシア) ピアニスト・木曾真奈美のホームページ 戸田村再発見 案内人ー山口展徳、日ロ文化交流センター戸田村代表部
    
        連絡先
        243-0427
        海老名市杉久保南 2-7-10   (2009年3月1日から住居表示が変更しました)
        特定非営利活動法人 日ロ文化交流センター  (理事長平岡幸雄)
        The center of cultural exchange between Japan and Russia)
        電話とファックス 046-238-3311    携帯電話 090-5764-8305
         日ロ文化交流センターのメール hira8128@peach.ocn.ne.jp 
         
    
    役員: 理事長  平岡幸雄、 副理事長 大波修二、 専務理事 高塚昌彦(文化担当)、 常務理事 野島孝夫 (事業担当 )、 理事  落合・イリン千穂(留学生指導担当)、倉石 千恵子 (文化担当) 理事 富樫ナタリア(ロシア語普及担当) 監事 日朝志郎 名誉会員 アンドレイ・フェシュン(ロシア連邦政府所属国際協力庁駐日代表               Hiraoka 在日ロシア連邦大使館一等書記官) 名誉会員 エフゲニイ・クルチーナ(ロ日協会事務局長ー在モスクワ) 名誉会員 インナ・コワレンコ(ロシア文化基金沿海地方支部、国際交流担当役員             ー在ウラジオストク) 名誉会員 千葉 景子(前参議院議員) 名誉会員 イリイン・ユーリ(元モスクワ音楽院教授、モスクワ、スタニスラフ劇場オーケストラ         首席オーボエ奏者) 参与   瀨野 壽伸

  • 名誉会員として千葉景子氏を推戴

    日ロ文化交流センターは2007年1月20日に開いた理事会で、定款第6条の(3) に基づき千葉景子氏(参議院議員、弁護士)を当法人名誉会員に推挙しました。

    名誉会員としてユーリ・イリイン氏を推戴

    日ロ文化交流センターは2007年6月25日に開いた総会後の理事会で、 定款第6条の(3)に基づきモスクワ出身の名演奏家(世界的オーボエ奏者) ユーリ・イリイン氏を当法人名誉会員に推挙しました。 略歴 学歴:1970年         国立モスクワ音楽学校(中高等学年)ピアノ科入学                  R.ヴォイエコヴァ氏に師事 1972年            同校 オーボエ科に転向  L.グルーバー氏に師事 1973年            同校を第1位の成績で卒業 1973年~1978年      国立モスクワ音楽院オーボエ科に入学                  オーボエをA.ペトロフ氏に、ピアノをY.スレサレフ                         氏、Y.フリエール氏に師事 職歴 1976年~1977年      モスクワ音楽院在学中に指揮者キリル・コンドラシン氏に認められ、 モスクワ・フィルハーモニー・オーケストラのオーボエ奏者に抜擢される 1977年~1978年      B.ハイキン、F.マンスロフの下、ボリショイ劇場にて契約団員として活動 1982年~1984年      ルドルフ・バルシャイ率いるモスクワ室内オーケストラの首席オーボエ奏者に就任 1984年~1991年      旧ソヴィエト国立放送交響楽団(フェドセエフ率いる)首席オーボエ奏者に就任                  同時期 オーボエ奏者に止まらず作曲家・ピアニストとしてもTV,ラジオ等の放送に携わる 1990年~1992年      イリン カルテットを結成(フルート、オーボエ、チェロ、ハープ) 1991年~1997年      スタニスラフスキー記念国立モスクワ劇場管弦楽団 首席オーボエ奏者に就任                  (’91,’93,’95年に来日) 1994年~1997年      国立モスクワ音楽院 オーボエ科教授に就任   室内楽クラスも担当 1997年~1999年      エジプト 国立カイロ交響楽団 首席オーボエ奏者に就任 2000年1月~2000年3月  エクアドル国立グアヤキル交響楽団 首席オーボエ奏者に就任      現在          日本に在住して活動 今日までに、V。フェドセイエフ、Y。テルミカーノフ、Y.シモノフをはじめ著名な指揮者、ソリストと共演                                                         

    ロシア連邦など旧ソ連邦諸国への留学

    世界の最高学府で勉強しよう。

    今ロシア語の出来ない人でも留学できます。
    
    1.留学できる大学:モスクワ大学をはじめとして旧ソ連邦諸国内のあらゆる大学
    2.勉強できる学科:ロシア語習得、文学、理学、工学、歴史学、人文科学、経済学など社会科学、
                      音楽、美術などあらゆる一般学科
    3.仕  組  み:ロシア語習得には1ヶ月研修3ヶ月研修、1年研修など様々なコースがあります。
                  一般学部に入るには、9月から入学しますが最初1年間のロシア語研修をしなけ
                  ればなりません。そして次の年の6月ロシア語の習熟度をテストされ合格すると
                  一般学部に入学します。
    4.かかる費用:大学や学部にもよりますが、今迄の例では大体1年間で寮費を含めて2400米
                  ドルです。詳細は志望大学を伺った上で調べます。
                  ロシア語研修は、最近行かれた方の例ではプーシキン大学で寮費を含めて1ヶ月
                  340米ドルでした。
                  音楽院でのレッスンは寮費を含めて1ヶ月 700米ドルです。                                   
    5.用意するもの:健康診断書、エイズ診断書、戸籍謄本、最終学歴の卒業証明書(ロシア語研修
                    には不要)  
     日ロ文化交流センターは、今日までロシアの学術機関INCORVUZと提携して留学したい方にロシ
    アの大学をご紹介してきました。
     これからも皆さんが安心して学習できる場を提供するお手伝いをします。
    
    
    モスクワ大学での授業風景

    音楽の都でレッスン

    モスクワ音楽院に留学

    3ヶ月レッスン

      このコースは原則としてすでに日本で4年制の音楽大学を卒業した方を対象
    に演奏技術や音楽性を高めていただくために設けたものです。
      1.期間:9月初旬から3ヶ月
      2.条件:入学時担当教授によるテストがあります。課題曲は3曲、バッハ、ベートーベン、
                その他ロマン派の作品
      3.費用:当センターにお問い合わせ下さい。
      4.講師:こちらから指名することは出来ません。
      5.用意するもの:最終学歴の卒業証明書、成績証明書(英文で)、戸籍謄本(自分で英訳を
              つけること)、健康診断書(英文)とエイズ診断書(英文)、入学願書
              (当センターにあります)、写真(3x4CM) 6枚
     ご注意:このコースについては、日ロ文化交流センターはインコルヴーズと協力して個々の      音楽家をロシアの音楽関係高等教育機関にご紹介して入学出来るまでの手助けをし      ているのでありまして入学後の大学内での学習や寮の生活で起こる諸問題について      は、個々の音楽学生さんが自助努力の精神で自立的に解決に取り組んでいただくよ      うお願います。ただし、個々のご相談にはのっています。           

    サンクト・ペテルブルグへの留学の道開かれる

     かねてから、ロシア大使館のガムザ一等書記官を通じて、ロシア連邦政府付属の国際学術文
    化協力センターに斡旋を依頼しておりましたが、昨年暮れ回答がきて今後、サンクト・ペテ
    ルブルグ音楽院や国立サンクト・ペテルブルグ大学への留学が出来る具体的な手はずが整い
    ました。これに伴ない、早速留学生の派遣について申し込みを受けつけることにしました。
     すでに何人かの留学生を送っているモスクワ音楽院、国立モスクワ大学への留学も引き続
    き手続きを行なっています。
     サンクト・ペテルブルグ音楽院の要綱大要
      留学の形式:日本の音楽大学卒業生に対するレッスン
      期間:2ヶ月から10ヶ月
      レッスン:1週間4時間 ソルフェージなど第2段階のレッスン
           こちらからの講師の指名は出来ません。
      ロシア語:1週間4時間から8時間
           到着時、空港には出迎えを出します。
      1ヶ月のレッスン料:器楽演奏=415米ドル、声楽=535米ドル、
                舞踊=595米ドル、オーケストラの指揮=680米ドル
      1ヶ月の寮費:シングル=75米ドル、ツイン=45米ドル、
      一人当たりの管理費:50米ドル
      ロシアの学年は9月1日から6月30日までであることを考慮しておいて下さい。
    
      
    
    

    どうぞ当センターにご連絡下さい。


    新しい日ロの文化交流の窓口、日ロ文化交流センター にご連絡下さい。

    メールはここ日ロ文化交流センター [AIRNET User Page へもどる] Yahoo   
         
    yahoo.co.jp/bin/search">      
    peach.ocn.ne.jp">メールはここ日ロ文化交流センター [AIRNET User Page へもどる] Yahoo   
         
    yahoo.co.jp/bin/search">      
    Form -->