立体写真(ステレオ写真)

コルトバ メスキータ(スペイン)

平行法の写真はサンプル写真の下の マークをクリックしてください。
交差法の写真はサンプル写真の下の マークをクリックしてください。
アナグリフはサンプル写真の下の マークをクリックしてください。


円柱の森 アーチの装飾 大聖堂の部分 中央祭壇 オルガン
福音の説教壇 ミヒラブの門 丸屋根の中央 聖体顕示台 祭壇
ドームの天井 城壁 中庭 中庭と鐘楼 聖母の礼拝堂


コルドバの街はイスラム時代時代の文化を伝える建築物や街路が遺されています。メスキータやユダヤ人街を含むコルドバ歴史地区は世界遺産に登録されています。メスキータはスペイン語でモスクという意味です。コルドバのモスクは784年から建設が始まり10世紀末に巨大なモスクが完成しました。1236年にキリスト教徒により征服されカトリックの教会に転用され、16世紀にメスキータの中心部を突き抜けるキリスト教会の大聖堂が建設され、モスクの中にキリスト教の大聖堂があるという不思議な建築となっています。
撮影地マップグーグルマップが立ち上がりマップが表示されます。



このホームページの写真、CGは私が撮影および製作したものです。
ここに公開している写真およびグラフィックス、文章は、許可のない転載、転用を禁止します。

ご感想、ご意見はまでお願いいたします。